日本住宅株式会社

日本住宅株式会社

「大工になりたい」から住宅に関わる仕事へ
お客様も従業員も明るく包み込む環境を求めて

村上 秀樹

コンパスホーム事業部
不動産開発部 課長代理

現在

コンパスホーム事業部でプレイヤーとしての実績を評価され、一関店の店長に昇格。現在は、主に部下の指導にあたっている。

目標

自身がプレイヤー時代に達成できなかった会社としての売上最高棟数の数字があるため、これを現在指導している部下に達成してもらうことが今後の目標。

一生に一度のお買い物である「住宅」をお客様と一緒に

接客業の経験を活かし、お客様と打ち解けて要望を引き出す

父が地元で大工をしていた影響で、「大工になりたい」という思いが昔からあったんです。かつ、人に関わる仕事ということで、家具を扱う仕事に就きました。それから、「もっとスケールの大きい仕事を」と思っていたところ、日本住宅とご縁がありまして、住宅営業を始めました。ほとんどの人にとって「住宅」というのは一生に一度のお買い物です。しかも、かなり深いところまでお客様と関わっていく必要がある。そういう「人との関わり」の部分、いかにお客様のご要望を取り入れてご提案するか。そんなスケールの大きな、一緒に一つの建物を建てていく仕事ができるというのが決め手でした。お客様のご自宅への訪問時など、やはりお客様も多少なりとも警戒心が芽生えますよね。そういったところをいかに解いて、お話できるようにするか。その雰囲気作りに前職の経験が活かされていると思います。

お客様からの信頼を誠心誠意、形に変えていく

感謝の言葉が何よりの喜び

住宅は人が生きていく上で大切な衣食住の内の一つです。一生に一度の家作りで当社を選んでいただき、私を選んでいただいている。お客様と最初にお会いするのが我々営業職です。お会いしてから、お引渡しまで、お客様にご提案したり打ち合わせをしたりという時間を頂戴しながら進んでいくわけですけれども、信頼関係がなくてはお客様と一緒にお作りすることはできません。やはり最後、お引渡しの時ですね。お客様の方から心のこもった感謝の言葉をいただくことが、格別に嬉しく思います。その後のアフターメンテナンスにつきましても、誠心誠意努めていこうと思いますね。

一緒に働いているメンバーに最高棟数を達成してほしい

当社の最高棟数というのがあるんですけれども、それに及ばず2位の状態でプレイヤーを退き、マネージャーになったんですね。建てていただいたらそれで終わりではなくて、お引渡しまでのサポート、お引き渡し後のサポート、定期訪問などを自分の目で確かめながらお客様とのコミュニケーションを図っておりました。そこからまたお客様をご紹介いただいたりすることで、棟数を確保することができました。業者さんからも良く言われるのが「あなた笑顔がいいね」と。やはりこの笑顔がお客様の警戒心を解いて、ご紹介いただいたり、ご契約していただくことに繋がったのかなと思いますね。だから、今一緒に働いているメンバーが最高棟数を達成できるようマネージメントをしていきたいと思っております。また自分自身に誇りを持って、部下の目標達成などいかに多くの人たちに貢献できるかと考えながら日々仕事をしていきたいですね。

未経験でも受け入れる土壌を持つのが日本住宅

経済の状態の変化に応じて、住宅は変化をしていきます。常にアンテナを張り、得た情報を探求していくその好奇心が、お客様へのプレゼンテーションに大切なことだと思います。当社に入社されて、右も左も分からない不安は感じると思いますが、当社の社員はとても明るく、とても溶け込みやすい環境を作っております。皆さんで助け合い、各部署・チーム体制で一緒に働いております。住宅に携わる資格のバックアップ体制も会社全体でありますので、未経験の方でも受け入れる土壌があるのかなと思います。私自身、未経験で入社し、現在12年目でも引き続き仕事をしております。アットホームな会社ですので、ぜひその門を開けて一緒に働いていきましょう。

「明るく、元気に、誠実に」

これは当社の、コンパスホーム事業部のモットーでもあります。やはり社員がとても明るい。それは中途でも、新卒でも、例え未経験であっても受け入れる体制が出来ている。そういうところからも来ているのだと思いますね。先程も申し上げた通り、営業職としての仕事はお客様との信頼関係が大切です。信頼される環境作り、そしてお客様からの要望に誠心誠意をもって応える。私が心掛けていることでもありますが、それが事業部だけでなく日本住宅全体に感じられると思います。

JOB CATEGORY

募集職種